転職の年収交渉の上手な方法は?

転職を行う際、面接合格後年収を決定する交渉を行います。
中途採用の募集要項には大体の年収は記載されていますが、大半が前職によって決められることが多いです。

ですので会社によっては明確な基準が設けられていないところもあり、交渉によって年収アップを図ることも可能です。
ただし、採用して頂く側であることには変わりがないので「可能であれば」という前提をスタンスにすることは必要です。
高い給料をゲットするためには、「自分がいかに即戦力であるか」ということをわかりやすく証明することが大切です。

前職での経験や実績でもいいですし、自分自身が保有しているスキル(語学や資格など)をアピールして、転職先ですぐに使えるということを伝えると、受け入れ先は教育する必要はなくすぐに活躍してくれる、と判断してもらえるので交渉の際近道になります。
可能であればはじめから高い給料を提案してもらえることが一番ありがたいですが、会社によっては新卒と同様の給料を提案されることもあるので納得できない場合はきちんと話し合いを持つようにしましょう。

転職の年収交渉のタイミングはいつ?

転職を行う際、新卒入社と違って年収交渉を行うことが多いです。
行うタイミングとしては、役員面接を合格した後人事部担当者に一度面談の時間を設けられ、雇用条件について確認する際に話すことが一般的です。

募集要項には年収について記載はされているものの、「20万円以上」のように大体の条件しか書かれていないことが多く、前職の経験を踏まえて決められることが多いです。
たとえばすぐに即戦力として採用される場合は前職より高い年収を提示されますし、交渉によっては高くつりあげることも可能です。

ただし、規模が大きくない会社などでは明確にタイミングを設けられておらず、気づけば入社日もしくは直前に契約を結ぶ流れになっていた、ということもケースとしてはあります。
受験者は採用側ではありますが、雇用条件をきちんと確認することが大切ですのでいつ交渉のタイミングか不明である際はしっかりとこちらから聞くことが重要です。

転職は新卒と違って採用人数、規模も小さいので自分がはずせないポイントは自分のペースで行うようにしましょう。

転職の年収交渉はエージェントに任せた方がいい?

転職活動を進めるうえで、年収の交渉の方法をしっかりとマスターすることがとてもおすすめです。
現在のところ、エージェントなどの専門業者のサポートを依頼することによって、転職活動に初めて挑戦をする人であっても、満足のゆく対応を受けることが可能となります。

特に、年収額が高めに設定されている企業の選び方については、すぐに理解をすることが難しいといわれており、常日頃から多方面の媒体を使いこなすことがポイントと言えます。
転職サイトのシステムの使い方に関しては、コンピュータ関連の雑誌や情報サイトなどで度々紹介されることがあるため、空き時間を利用しながら、便利な情報を集めることが肝心です。

もしも、エージェントの活用方法についてわからないことがあれば、同年代の成功者からアドバイスを受けることが大切です。
その他、転職活動のタイミングを計るうえで、まずは色々な求人媒体を利用することで、大きな役に立つことがあります。

転職の年収交渉は内定後でもできる?

転職を行う際、役員面接を合格すると企業から内定をもらうことが出来ます。
通常雇用条件(年収など)を内定承諾前に決めることになりますが、場合によっては内定承諾後も交渉することが可能です。

一度承諾した後は基本的には条件を変えることは難しいですが、「可能であれば相談したい」というスタンスを人事担当者と話すことも出来ます。
但し、企業側は一度確定した情報として把握しておりますので、明確な理由が必要です。
内定承諾する際明確な経済条件が明確にされていなかった、募集要項と異なる部分があった、等主張しても違和感がない理由を伝えることが大切です。

企業側に多少非があれば認めざるを得ず、交渉を進めることが出来るます。
しかしその後新人として入社していくことになるのでしつこく伝えることは辞めておいたほうが得策です。

このように内定後の交渉はハードルがあがりますので、転職時年収を確定する際は慎重に考えて、後から納得いかないことにならないように注意しましょう。

未経験でも転職で年収交渉は可能?

現職を退職して転職をしようとした場合に、次につきたい仕事が未経験の場合には年収の交渉をしてもいいのだろうかと思うものです。

現実には、実際に何のスキルもないのに年収の事を話すのには勇気がいると思われます。しかし、転職をする時に、ある程度の年収は生活のためにはもちろんですが、今後仕事に打ち込んでいくためにのモチベーションをしっかりと持って向かうためにも、金額の多寡というのは大きなものです。自分が望む金額を提示することは、それに見合う努力を約束するものです。

それは自分に課した責任ともなります。前職での仕事の実績を示すこともそれは今後転職をした後の仕事にも生かされることは間違いないと思わせる一因となります。ただし、金額の交渉をするのは最初からでは、あまりにも配慮のないやり方となります。

一方的に自分の希望をのべて相手の答えを待つような感じではなく、相手からの答えを待つようにします。未経験ということを卑下しすぎないように、自分の経験や実績を話しながらすすめていくといいでしょう。

参考にした記事:誰でも転職で年収アップできる年収交渉の方法とは?